家計相談&キャッシュフローシミュレーション


家計相談

教育資金の準備法、保険や住宅ローンの見直し、セカンドライフの資金計画、自営業者の家計運営など、現状と今後の予定やご希望をうかがい、家計改善のプランや情報を提供します。

 

*面談による相談 

お気軽相談  1時間まで 9000円 

じっくり相談 1時間30分まで 1万5000円

 

*ZoomやSkypeを使ったオンライン相談にも対応しています。

オンライン相談は原則1時間まで、料金は面談同様9000円、相談終了後にメールにて請求書をお送りしますので、クレジットカードにてお支払いください。

 

キャッシュフローシミュレーション

ご相談に加えて、キャッシュフローシミュレーションにより、今後の収支を確認できます。キャッシュフロー改善のためのアドバイスも行います。

 

*面談2回 1回目は、相談および聞き取り

       2回目は、キャッシュフローシミュレーション表のお渡しと改善アドバイス

       相談+キャッシュフローシミュレーション表作成+改善アドバイスの

       合計2回で3万5000円

 

いずれも、まずEメールにて、お問い合わせください。

 

必要なデータや書類:ご相談内容により、家計簿、源泉徴収票、保険証書、住宅ローン返済表、ねんきん定期便など。

 

料金のご案内はこちらから。

面談場所はこちらから。


お問合せはこちらから。

キャッシュフロー表を作ってみませんか?

ホームページ用キャッシュフロー表全体.jpgキャッシュフロー表は、今後の家計の収支予測です。

 

・住宅購入の前に ⇒ ローンを無理なく返して行けるか

・子どもの教育費の試算に ⇒ 希望の進路に進学させられるか

・セカンドライフの準備に ⇒ 資産の取り崩しはどうなるか

など、長期的な視点で確認することができます。

現在の収入と支出、今後の予定をヒアリングして作成します。シミュレーションの結果が赤字の場合は、ご希望に応じて、収支改善のアドバイスも行います。

 

ホームページ用キャッシュフロー表アップ.jpg

左の表は、キャッシュフロー表の一部です。年収は600万円程度、住宅ローンの返済と子どもの教育費がかかる時期に、収支が赤字に。

その後は、いったん黒字に戻るものの、定年後も住宅ローンが残っていたため、再び赤字に。

家計が落ち着くのは、住宅ローンの返済が終わり、公的年金を夫婦でもらえる60代後半からです。

このように、将来の収支が厳しい時期を確認して事前に心づもりしたり、対応しておけば、その時になって、こんなはずじゃなかったと大変な思いをしなくて済みます。

特に、住宅ローンを組む前、お子さんを大学に進学させる予定のご家庭、セカンドライフが視野に入ってくる50代の方は、一度、キャッシュフロー表を作ってみると、これからどんなふうに家計管理をしていったらいいのか、具体的な数字を見ながら考えることができます。

作成を希望される方は、お問合せフォームより、どうぞ、ご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

▲このページのトップに戻る