新着情報

2016年9月7日発売 「日経ウーマン」10月号の「確定拠出年金はじめよう」で「口座の整理術」にアドバイス&コメント掲載。

2016年8月13日 日経新聞に「銀行手数料、賢く節約」を執筆。

2016年7月27日 日経新聞、M&Iコーナーの「天引き貯蓄20代前半から」にアドバイス、コメント掲載。

2016年4月9日 日経新聞に「海外旅行に便利、外貨預金カード」を執筆。

2016年2月25日 日経新聞電子版に「夫の資産と妻の資産、どう持っておけば将来安心?」を執筆。

2016年1月23日 日経新聞にて「ふるさと納税 レジャーにも」を執筆しました。
 

50代は人生と家計の折り返し地点、人生後半に向けた家計の仕切り直しのご相談を承ります。お問い合わせはこちらから「50代からのマネープランとお金の貯め方」執筆中!

最新刊 「最短距離で貯める!銀行口座メソッド」 (電子書籍)、発売しました。アマゾンのページはこちらから。


マイナビニュース連載 「アラフォーで結婚する2人へ」

マイナビニュース連載「おひとりさまが老後も安心できるお金づくり」

 

家計管理は、いまや人生の必須科目です

顔写真3.JPG私は20年以上にわたって、お金を貯めたい人、貯めている人、投資をしている人、お金との付き合い方が上手な人、うまくいかない人、金融機関関係者などを取材して、記事を書いてきました。

 

ひとりひとりの顔が違うように、お金との向き合い方にも個性があるのは当然です。

 

けれど、みなさんもお気づきのとおり、世の中と経済の状況は大きく変化しています。

 

知識不足のまま、その場その場の感覚的な判断では、長い人生のお金のやりくりがうまくいかないリスクが高まっています。

 

それぞれの方のご希望を重視しながら、よりよいお金との関係が築けるような情報提供と提案を行います。

 

当事務所のサービスがお役に立ちましたら幸いです。

ファイナンシャルプランナーとは?

心おだやかな暮らしを守るための家計のアドバイサーです。

家を買っても大丈夫? 入っている保険は適切? 子どもの教育費はいくらかかる? セカンドライフの準備をどうすればいい? 家計の疑問や不安を受け止めて、長期的な視点でアドバイスするのが、ファイナンシャルプランナーであると私は考えています。

 

ファイナンシャルプランナーには、金融機関に所属して仕事をする人と、金融機関には所属せず独立して仕事をする人がいます。私は独立系のファイナンシャルプランナーです。

パーソナルファイナンスの知識と、20年を超えるマネーライターとしての取材経験をもとに、特定の金融機関に所属しない第三者の立場から、誠意をもってアドバイスいたします。

 

世の中の変化は激しく、複雑化しています。親がこうしていたから、金融機関に勧められたからという理由だけでは、適切な選択が難しい時代です。

5年後、10年後に、あの時、相談してよかったと思っていただけるアドバイスを目標としています。継続的なご相談も、お受けしています。

 

お気軽にお問合せください。

当事務所の得意分野

 

  • 新婚家庭、ファミリー世帯向け、家計管理のアドバイス
  • セカンドライフ資金準備とセカンドライフ家計へのアドバイス
  • キャッシュフロー表作成による家計の分析と、改善のための提案
  • 銀行をはじめとする金融機関との付き合い方、金融商品の選び方のアドバイス
  • 子ども向け金融教育のアドバイス

サービスのご案内

当事務所サービスのご案内です。

 

家計相談
 
セミナー講師
 
原稿執筆
   

家計にまつわる相談を承ります。

 

お金のセミナーの講師を行います。

 

原稿を執筆します。

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

 

お問合せフォームはこちらへ

 

▲このページのトップに戻る